忍者ブログ
ゆっくり成長している男の子との暮らしを綴っています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんな記事を見つけました。


県障害者施策推進協:次期障害者計画など骨子、就労支援に重点 /栃木

 県障害者施策推進協議会が16日、県庁で開かれ、09年度からの次期県障害者計画と障害福祉計画の骨子案が示された。11年度までの目標値として、一般企業へ就職する障害者を現在の年間30人程度から、4倍の120人に増加させる目標を掲げるなど、就労支援に重点を置いた内容となっている。

 障害者計画は「『生きる』を支援する」「『働く』を支援する」など5項目が柱。今回の計画では、授産施設による「福祉的就労」から一歩進めて、一般企業への障害者の就労促進を目指しているのが特徴。障害福祉計画では、県内を六つの区域に分類して、地域ごとの障害者福祉サービスの過不足を分析している。

 骨子案は同日了承された。来年1月の次回会合で素案が示され、今年度中に計画が策定される予定。

 障害者の就労支援については、福田富一知事が先月の知事選のマニフェスト(選挙公約)で、軽度障害の生徒の職業訓練を実施する高等特別支援学校の整備などを掲げていた。また、県は障害者工賃倍増5カ年計画で、現在約1万3000円(月額)の授産施設での賃金を、11年度までに倍増させる方針を示している。

==============

 ◇次期県障害者計画の主な項目◇

1「生きる」を支援する

 1.相談支援体制の充実

 2.発達障害者・高次脳機能障害者への支援

2「暮らす」を支援する

 1.日常生活を支えるサービス基盤の確保

 2.地域の中での多様な暮らし方の推進

3「働く」を支援する

 1.一般就労の促進

 2.福祉的就労の充実

4「楽しむ」を支援する

 1.文化・スポーツ・レク活動の促進

 2.地域と交流の促進

5「共に生きる」地域づくり

 1.障害及び障害者に対する正しい理解の促進

 2.福祉にかかわる人材の養成、確保

毎日新聞 2008年12月17日 

 




だそうです。
ぜひとも支援を充実してほしいものです。
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/16 NONAME]
[04/26 sana♪]
[10/26 sana♪]
[07/25 無名]
[04/03 新井恵美子]
プロフィール
HN:
おぎゃあ
性別:
女性
QRコード
Yahoo!ニュース
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]