忍者ブログ
ゆっくり成長している男の子との暮らしを綴っています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

施設見学レポ第3弾。
やっとたどり着いた…(^^;

授産施設のすぐ隣の更生施設は定員30名。
2人部屋で5部屋ずつのユニットになっている。
男性用が2ユニット、女性用が1ユニット。
補修したと思われるドアもあったりして…
誰かがパニックでも起こして、暴れたか??

一通り見学が終わった頃、ちょうどランチタイムになり、
食堂に利用者さんたちが集合。
みんなでお食事です。
私たちも、カフェテリア風にイスが置かれた外の
テーブルで、一食500円の同じメニューを頂くことに。

中華風丼、ギョーザ入りスープ、もやしとにらのあえもの、
牛乳に、デザートはプリン。
ちょっと冷めてたけど、お味はまぁまぁ…でした。

食後、ずっと案内してくださっていた施設長さんと
利用者さんの代表の方たち数名と座談会。
この法人の説明を聞いて、質問タイムでは、
利用者さんの意見も聞いたりして。
みなさん、上手に自分の意見を言えるんだからスゴイ!
施設長さんが上手くリードして、会話が成り立っていたのが
また絶妙で…さすがだ。
ひとりひとりのことをよく見ていらっしゃる。

中学部のお母さんからの質問。
そろそろ進路を決めていく時期に入るのだけれど、
高等部に進学させるのと、中卒で施設に入るのと、
どちらがいいのか…というような内容。
早い時期に親から分離し、自立を促すのもありかと。
できれば、入所を考えているらしい。

これに関しては、答えはこうですっていう
正解は無いと思う。親の考え方次第だし、
もちろん本人の意思というものも考えるべきで、
そこが悩むところ。うちなんて、本人の意思って、
どうやって確認すりゃいいのかなって。

それを見極めるためには、
何度も施設を利用して、本人に経験させることが
大切になってくるわけだ。
そんなわけで、今後は、定期的に利用してみようかなと思う。
やっぱり、地元の施設見学だけあって、みんな真剣だった。
それに、この施設は、作業内容がいろいろあって、
ひとりひとりの能力に応じて、仕事も作っているみたいなので、
うちの子もなんとかなるかも…と思えたりして。

最後に、最近オープンしたサポートセンターを見学して、
そこで売っているパンを買って帰ってきた。
利用者さんたちが作ったパン。
美味しかったよ〜(^^)v
それから、今後、日中一時支援サービスのなかで
療育も始めるということなので、ぜひ、お願いしますと
施設長さんにお願いしてきた。
さすが、養護学校の先生だっただけあって、
ご自分で療育をしたいらしい。とても嬉しそうに、
教材を見せてくれた。

少しずつでも、みんなが生き生きできる場が増えればいいなぁ。。。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。
この町の貴重な社会資源だもんね。

私もあそこの利用者の方々が大好き。こんどボランティアさせてもらおうって思ってる。

ほんとうに生き生きできる場所がほしいね。
Posted by Takusyua URL 2006.11.27 Mon 08:32 編集
無題
Takusyuaさん、こんばんは。
利用者さんたち、みんないい顔してるよね。
現実は、もっともっと厳しいこともあるのだろうけど。
いろいろ考えさせられるわ。。。
Posted by おぎゃあ 2006.11.27 Mon 23:49 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[08/16 NONAME]
[04/26 sana♪]
[10/26 sana♪]
[07/25 無名]
[04/03 新井恵美子]
プロフィール
HN:
おぎゃあ
性別:
女性
QRコード
Yahoo!ニュース
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]